ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

よんぷらゲーム大賞2011

と!本音トークは程々にして無理にでもテンション上げて行きましょう!

前の日記で「全てのやる気がなくなった…」的な事を書きましたが、一部例外もあります。

それが、弾幕系シューティングゲーム!

まぁ、それらのゲーム自体に熱中している…と言うより、必死で敵弾を避けている瞬間だけ現実を忘れる事が出来るという、いわゆる逃避


逃避とはいえ、瞬間的にでもストレス発散のガス抜きになっているのは確かで今の自分には必要不可欠!

そんな2011年のマイベストゲームを発表。

●大賞
「虫姫さまふたり(xbox360)」
ノービスのウルトラモードが自分のフィーリングにドンピシャ!

●第二位
「ライデンファイターズエイシズ(xbox360)」
厳密には弾幕シューティングではないが、テンポの良さと敵を破壊した時の気持ち良さで堂々の2位

●第三位
「シュタインズゲート(xbox360)」
唐突にアドベンチャーゲーム。予備知識は全く無かったが世の評判だけで購入。現実で最も辛い気持ちの時にプレイしたのだが、リアルの苦痛を忘れる程、話の展開が素晴らしく面白く楽しめ(現実逃避でき)た。

●第四位
「デススマイルズ(xbox360)」
はじめの取っ付きは今一だったものの、システムを理解してからはかなり面白く。ゴスロリ風の多少ダークな世界観も◎

●第五位
「怒首領蜂大復活(xbox360)」
硬派なシューティングかと思ったら萌え要素が有り脱力。でも弾幕は熱い

●第六位
「怒首領蜂大往生(ps2)」
ps2でこれ程の弾幕シューティングが出来るとは…圧巻。

●第七位
「 比翼恋理のだーりん(xbox360) 」
シュタインズゲートの別シナリオ的な内容。ボリュームが少ないのを除けば概ね満足


★総評
こうしてみ
ると、なんだかんだ言ってかなり、ゲームを嗜んでいる。


逃避でも発散でも、この際理由はなんでもイイ。

まだ大丈夫かな
(と思いたい)

あとなにげに「xbox360が」今年の我が家のメインハードにっていた
スポンサーサイト
  1. 2011/12/30(金) 04:58:40|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年の目標的な

今年は激変の年でした。

良くも悪くも。

趣味趣向もかなり変化してしまい、自分でも戸惑っています。

とにかく、仕事も趣味も全てにおいて、やる気が百分の一まで、低下。

このままでは、ヤバイ!と、思い、無理にでもテンションをあげようとイロイロやってみたりしている訳だけれど、基本、超ネガティブ思考なのでどうにもこうにも…
(;´Д`)

日々無理矢理ビールあおってテンションあげているものだから、去年に比べてアルコール摂取量が数十倍になってしまったのも…

とりあえず、頑張って生きる、を来年の目標にします

(ノ∇・、)

  1. 2011/12/30(金) 03:29:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリークリスマス的な

クリスマスだってよ〜…どーすっかな〜

とか思ってたのだが、部屋暖かくして、ビール飲みながら、ベッドの上で一人ギターライブを開催してたら超楽しい気分になった〜
(*^-^*)

よかった〜

何となく寂しい気持ちでクリスマスを過ごすのは嫌だものね。

ケーキも食った!
旨かった(^w^)

今は深夜放送見ながらダラダラ〜♪

ど〜れ、そろそろ「ライデンファイターズ」でも遊ぶかな!

ごるぁヾ(>y<;)ノ
  1. 2011/12/25(日) 02:37:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

zo-3ギター改造「ギター」

我が愛用のギターzo-3。

とにかく、コンパクト。そして、スピーカー内蔵で電池駆動可能というスグレモノ。

しかもノーマルバージョンの「zo-3ギター」の中古相場価格は一万円以下で流通量も多い!と、いろいろと良い点が多い。

見た目おもちゃっぽいのに、ちゃんとアンプとエフェクターに繋げるとかなり良い音を出してくれるのも素敵!

ただ、やはり電池駆動で内蔵スピーカーでは生音バリバリで情けない音しか出ないのも事実(それもまた良い味を出していて好きではあるのだが)

という事で、zo-3ギター本体のスピーカー配線の間にエフェクターを噛ませ、内蔵スピーカーでもカッコイイ歪みサウンドを鳴らせるようにした。

最初は、コンパクトエフェクターを繋げたのだが、音圧が低く、使い物にならなかった、のだが、zoomのコンパクトマルチエフェクターを繋いだところ、部屋で弾くには十分な音圧がでたのでこちらを使用。

エフェクター自体をボディに直接ネジ止めした。

画像をアップしたいところだけど、このblogでの画像アップ方法がイマイチわからないので完成イメージが伝わらないかもしれないですが(;^ω^)

これだとギター本体の電池(角型9v電池)は不必要でマルチエフェクターの電池(単3電池6本)だけで駆動できるので電池の汎用性も良くなるし。

マルチエフェクターにはチューナーも付いているので使い勝手も良い!

ただ、設定にもよるけれど、歪みやディレイ系を強くすると、ハウリングが発生しやすくなる事。

まぁそれはそれでカッコイイのですが。

zo-3ギターのラインナップには、マルチエフェクターを搭載した、「digi-zo」と言うのも有るのだけれど、いかんせん、値段がノーマルzo-3の2〜3倍もするので、改造後の見た目(zo-3のボディにマルチエフェクターがくっついている)のを気にせず、多少の配線加工技術があれば安上がりに「内部電源で持ち運び可能なエフェクター搭載zo-3」を制作できますよ!
(改造…または、改造に伴うトラブルは自己責任で)
  1. 2011/12/14(水) 01:00:28|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームパッド改造「PS2」

久々にゲームコントローラーの改造とか。

個人的に最高なゲームパッドはセガサターンの純正パッドだとおもっている(次点はメガドラ2の6Bパッド)。

少なくともシューティングやアクションゲームをプレイする限り。

当時はそう良いとは思わなかったのだが…。

では、プレステで1番使いやすいパッドは?と言うと、これが難しい。得に十字キーの感覚。

サターンパッドを基準にすると、どうしても、使い辛いと思える物
しかない。

以前にプレステ用サターンパッドが復刻販売された事があったが現在では超プレミア品だし…プレステパッドから直接サターンパッドへ配線を直結する(通称、乗っ取り)事も可能だが、ちょっと見た目が悪くなる(少なくとも自分の改造技術では)

現在プレステとプレステ2は妥協して(と言うか、震災で助かった)ホリとフジワークのパッドの二つを
使用している。

が完全に使用不能になるまでは新たなパッドは購入するつもりは無いので、可能なかぎりメンテしてみた。

とりあえず、可能な限り、分解、清掃、グリスアップ。あと、パッド自体を軽くする為に振動機能に使われている、モーター2個を取り外し(これだけでだいぶ軽くなる)

微妙なボタンの引っ掛かりや十字キーの軋み音が解消され、パッドも軽くなったのでだいぶ良くなった。

十字キーの操作感覚だけは慣れるしかないが(-_-メ)





  1. 2011/12/11(日) 13:52:15|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デススマイルズ「xbox360」

「虫姫さまふたり」で、またゲーム熱(シューティング熱か)が蘇ってきた私。

他のもプレイしたくなり、前々から、名前だけは聞いた事があったシューティング「デススマイルズ」を購入!

横スクロールのシューティングゲーム…という位しか知識が無かったのだけれど、あちこちで好評を得ていたので。

そして初プレイ。
強制スクロールなのに、左右にショットを撃ち分ける事ができる事を知り、ちょっとがっかり(サイドアームズ方式はあまり好きでは無いので)

しかし何度もプレイして慣れて来ると、独特の世界観と、シューティングゲームとしての出来の良さも相まってとても楽しくなってきた!

これほどのゲームが中古とは言え二千円程で購入出来るとは…素晴らしい!

と、思ったのだが、ベスト版だと、ダウンロードコンテンツの「デススマイルズブラックレーベル」も収録されてるのね(自分が購入したのは通常版)

これはベスト版も購入しなくてはψ('ー'*)

ちなみにメインで使用してるキャラは「ウィンディア」清楚な感じ(あくまで見た目だけだけど…)でいい!

でも絵的に1番好きなのは「サキュラ」!
  1. 2011/12/10(土) 04:05:25|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虫姫さまふたり「xbox360」

震災後、ある程度ゲーム環境を復活させようとは思ったけれど、新しくゲームソフト自体を購入する気持ちは無くなっていた。

自分の好きなゲームジャンルは、もうやり尽くした感もあるし、ゲームで新鮮味や新たな感動を味わい難くなっていた事もある。

そんな中で、たまたま職場の同僚でシューティング好きの人間と出会う。

自分よりも10歳以上年下の彼だったが、中々のマニアで、休憩時間ともなると、周りの空気関係なしにマニアな会話で盛り上がっていた。

震災でいろいろ失った自分にそれはとても心地好い時間だった。

この時、改めて、趣味を持つことの大切さと、同じ趣味の…しかもコアな話題(ここが重要)で盛り上がれる喜びを再確認した。

そして、そんな会話の中で「自分はシューティング大好きだけど、弾幕系だけは苦手」と言うと「怒首領蜂大往生」は面白いッスよ!

との会話の流れで、そういえば、xbox360にも「怒首領蜂」って出てた気がするから買ってみるか…と、仕事帰りにゲームショップへ。

しかし「怒首領蜂」は売っておらず、たまたま目に付いた「虫姫さまふたり」がベスト版で安かったので替わりに購入。

これが、シューティング熱、復活の始まりだったのである(笑)

「虫姫さまふたり」をプレイして思ったのが、バランスの良さ、と言うか、自分との相性の良さ。

通常モードはともかく、初心者向けのノービスのウルトラモードが最高に楽しいO(≧∇≦)o

難しすぎず、簡単すぎず、BGMは爽快で気持ち良く(ドラゴンセイバー系)、ステージも短くサクサクと進む。

軽くアルコールとりながらプレイすると気持ち良すぎてトリップしそうな程(*^-^*)

ゲームで(しかもやりつくした…と思っていた、シューティングで)ここまで新たな快感を得られた事は嬉しい誤算でした!

サクッと瞬間的に熱中できて、ストレス発散になる!

久しく忘れてたアーケードゲームの真髄を垣間見た気がしました。

やっぱり、シューティングゲームは楽しいわー楽しいO(≧∇≦)o

前世代的だしもう終わったコンテンツと、言われようとも関係無いじゃない!

こんなに楽しいんだもの!
  1. 2011/12/04(日) 16:39:06|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0