ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「初音ミク -Project DIVA- X HD」をVRで120%楽しむ為に


PS4の音ゲー「初音ミク -Project DIVA- X HD」

正直、VR無しでこのゲームを評価するなら
個人的には20点位の低評価になるだろう。

音ゲーとしてはそこそこ面白いが
収録楽曲は約30曲ほどと少ないし

今では後発で200曲超えの曲が遊べる
「初音ミク -project diva- future tone dx」があるので

収録曲のボリューム的にも
今更「XHD」を遊ぶ理由は無いのだが

「XHD」は一部PSVRに対応していて
それが凄まじくVR有りきの評価になると
個人的に高評価に爆上げするのだ
(勿論初音ミクと楽曲が好きなことが前提)

が!しかし!

「初音ミク -Project DIVA- X HD」を
VRで快適に楽しむには色々と仕込みが必要になる。

ハード的にもソフト的にも。


★まずソフトのアップデートしないと
VRモードに対応しないのでVRで遊ぶには
ネット接続が必須。

容量はそれほど大きくないので
テザリングでもOK


★そしてすぐにはVRモードでは遊べない。

ストーリーモードでもあるエリアクエスト
で最初の6曲をクリアしないと
VRを楽しめるライブエディットモード
が開放されない(約30分かかる)

★曲を解放してもライブエディットで編集しないと
VRモードでは楽しめない。

曲を登録すれば鑑賞モードで
VRモードで楽しめるようになるが
登録しただけだとステージエフェクトが寂しいので
ある程度設定はした方が見映えが良くなる

これが最初は凄く面倒臭く感じたが、
VRで楽しむ場合は
カメラアングルを変更する必要はないので
それに気付くとエディットは凄く簡単

最低でもステージ演出だけでも
曲の最初からONにしておけば
それだけでも見れるPVになる。

★キャラを着替えさせる
衣装…モジュールは300を超える。

のは良いのだがそのモジュールを全て揃えるには
膨大なプレイ時間が必要なので
衣装に興味がある人は
課金(約1600円)で全てアンロックしてしまっても良いかもしれない。

自分も衣装集めが面倒だったので
課金でアンロックしたが
よく考えたら曲自体が30曲程しかないのに
服だけ300もあってもそんなに着せ替えしないので
今にして必要なかったとちょっと後悔(>_<)

それにオリジナルの衣装が一番見映えがする気がするしなぁ…


★で実際に鑑賞モードでVR体験するも…
キャラモデルが想像よりも小さくて
ちょっとガッカリする。

確かに初音ミクが実体化して目の前で
踊り歌う姿は凄いのだが
キャラが小さくて人…というより
まるで宇宙人のようで凄い違和感

色々調べてみると解決方法はある。

PS4の設定の→周辺機器→VR→目と目の距離を測定する

で目と目の距離を3センチ位に設定するのだ(通常は6センチ位)

ただ、単純に数値で変更はできないので
カメラで撮影された自分の顔の
目の位置調整で実際の目の位置より出来るだけ
寄り目になるように調整(3センチほど)

すると「XHD」のライブエディット
鑑賞モードでのミク達のキャラが気持ち
一回り大きく表示され理想の等身大にする事ができるのだ。

あとはアナログスティックの上下で
視点の上下位置を微調整し

十字キーで定点カメラを自在に操作することで
初音ミクをVRで堪能できる。

ただ「目と目の距離を測定する」で
強引な設定にしているので
それによる不具合が発生する可能性もあるので自己責任で

個人的にはこの設定のままで
他のVRゲームを遊んでも特に問題なく
遊べている。
(画像がボヤけたり酔いが酷くなってる可能性はあり)

ちなみに残念ながら同じ「初音ミクのVR」
「初音ミク VRフューチャーライブ」では
この設定は生きず?キャラが大きくならないのはかなり残念。

★ここまでしてはじめて最高の状態で
初音ミクをVRで楽しめるようになるのだが
まだこの時点では6曲しか楽しめないので

さらにストーリーモードを進めて
曲を解放していかなければならない。

システム的に各エリアの6曲ひとまとめを
クリアして初めてライブエディット
に曲が追加される仕様だし
好きな曲だけ解放する事もできない。

しかもこのストーリーモードでは
まるで子供向けのような、
うすら寒いキャラのやり取りを
強制的に見させられるのはかなり苦痛(-_-;)

この感覚は…
「デススマイルズIIX」で感じたな~
と、嫌な記憶を思い出した


初音ミクに変なキャラクター付けは
要らないよな~と痛感する。

まぁこんな感じなので
VR無しの状況では評価が低いのも頷ける。


上記のように「XHD」で初音ミクを
快適にVRを楽しむにはかなり面倒だが
そこまでして体験できる初音ミクのVRは
今までに味わった事の無い新たな興奮を
体験できるのは間違いなく

初音ミクが好きなら絶対に経験すべき
だと断言しよう!

★最後になるが

目の前で踊る初音ミクが観れる
この「初音ミク -Project DIVA- X HD」の
VRモード。

一番感動するのは
ただ「初音ミク」がリアルに踊っているだけではなく
時折プレイヤーに向かって
目線をくれることにある。

これは気のせいではなく
自分が左右に動くとミクの目線も追ってくるのだ。

それが強烈に感動もので
「初音ミクが自分を認識してくれている」感が凄く嬉しいのである。

このお陰で「初音ミク」が
よりリアルに現実のものとして
認識でき、ゲームを超えた感動を味わえるのである。


★追記

ちなみにPS4proでプレイすると
キャラが動いたときの残像が軽減されるらしい。


★追記の追記
VRソフトで有りがちな「VR酔い」は
殆んど感じず快適にVRを楽しむことができる。

ただあまり長時間遊んでいると
凄く目が疲れるが。







スポンサーサイト
  1. 2018/04/20(金) 10:08:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PS4「HORIワイヤードコントローラーライト」復活!


長時間プレイの充電対策と
そのデザインの良さに惚れ込んで購入した
PS4の有線コントローラー
「HORIワイヤードコントローラーライト」

主に「フォールアウト4」で使うつもりだったが
十字キーがちょっと斜めに入りやすく
コマンド選択で誤爆が多発した為
使用を止めてしまっていた。

が、この
「HORIワイヤードコントローラーライト」は

「初音ミク -project diva- future tone dx」や
「初音ミク -Project DIVA- X HD」

のリズムゲームを遊ぶのには
ボタンがカチカチと押しやすく
凄く遊びやすい事が判明。

良い意味での安っぽさが
上手くハマったのかもしれない。

又、ダライアスバーストや
アーケードアーカイブスも
そこそこ快適に遊べる事もあり
再び使うようになった。

いやぁ…何だかんだと
無駄にならなくてよかった(^^;

  1. 2018/04/19(木) 07:34:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PS4「スカイリムVR」レビュー!


熱狂的なファンも多いRPG
「スカイリム」がVR化

昔「xbox360」版を購入しプレイしたが、
自分には合わず10時間位プレイして止めてしまっていた。

がVR化された「スカイリム」が
どんなものか体感したくて購入

で、期待してプレイしたみたが
開始直後で強烈に酔った(´Д`)

ゲームスタート時に
馬車に揺られて移動するシーンなのだが
その時点で既にVR酔いになったのだ!

他のVR対応ゲーム
「初音ミク -Project DIVA- X HD」と
「Rez Infinite」では

VR酔いは全く感じなかったので
油断していたが
この「スカイリムVR」で
初めてVR酔いを体感

強烈に気持ち悪い(´Д`)

ギリギリまで我慢したが馬車から降りた時点で
ギブアップ(苦笑)

初プレイ時間は「5分」だった(苦笑)

翌日気を取り直して続きをプレイ!

しかしその日も強烈に酔い5分でゲーム終了

色々酔い対策を調べてみたが
毎日少しずつやっていればその内慣れる…

という情報が。

さらには座ってプレイするより
立ってプレイした方が酔いにくいとか

左右移動のときはスティックだけでなく
実際に首を振り向いて移動するとか

激しく動く動く時は薄目にして
視界を少し狭めてみるとか

いろいろ努力しつつ連日プレイしていたら
ちょっとずつプレイ時間は長くなってきた!

と、言ってもまだ1日10分程が限界だが(^^;

本来そこまで苦労してヤり込むほど
好きなゲームではないのだが

じつはこの「スカイリム」
自分が超大好きな「フォールアウト4」と
同じメーカーなので

もし「フォールアウトVR」とか発売されたら
絶対にプレイしなければならないので

この「スカイリムVR」で
なんとしてもVR酔いに慣れて
克服しておかなければならないのである。

(移植される予定は全く無いが(苦笑))


そんな「スカイリムVR」
VR酔いは強烈に酷いし
グラフィックも相当荒い

イメージ的には「プレステ1」くらいの
グラフィックに感じる。

だが、360度どこを向いても
完全にゲームの世界が構築されていて
「スカイリムの世界」に完全に自分が入り込んでいる感覚は
今迄に味わった事のない驚愕体験!

移動せずに回りを見渡す分には
全く酔わないので
ちょっとずつゆっくり移動する事で
その世界を堪能できるかも。

又、戦闘では
普通のモニターでは全く怖さを感じない敵でも
VRだとただの雑魚敵でも相当の恐怖を感じる。

まるで本当に襲われている感覚を覚える程に
迫真の体感をする事ができるのである!

ロールプレイングゲームの中に
自分が入り込み大冒険をする…

という、ある意味夢が叶う凄いゲームだ!

まだまだ荒い部分もあるが
その第一歩としては十分以上の
衝撃を味わえるのは間違いない!

VR酔いも強烈だけど
なんとかそれを克服できるように
少しずつ進めて行こう!
  1. 2018/04/18(水) 02:35:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PS4「Rez Infinite」VRモードレビュー!


PS4の3Dシューティングゲーム「Rez Infinite」

ドリキャスやPS2でも発売されていた「Rez」がVR化

3Dシューティングとは言え
プレイに直結したトランス系のサウンドと
ワイヤーフレームや生ポリゴン的な見た目で
没頭感が凄く、ドラッグ系シューティングともいえる。

その世界がVR化により
視界全て…上下左右360度自分の回りの
世界全てが「Rez空間」になるのは
驚愕と言わざるを得ない!!!

まるで「Zガンダム」のコクピットの
「全天周モニターシステム」のような感覚を
味わうことが出来て感動!

正に今まで体感したことの無い
サウンドと映像の新体験!

バーチャル空間を飛び回る浮遊感覚は
「スペースハリアー」の主人公になったようで
スペハリ感覚をも存分に味わえる。

ステージも1面毎に区切られていて
冗長にならず短時間でトリップ出来るのは往年のアーケードゲームのようで
ちょっとだけ遊ぶには嬉しい仕様


ちなみに立ってプレイすると
座ってプレイするより体感度、没頭感が
激増するので超オススメ(転倒に注意!)


超絶にハマっている
「初音ミク XHD」のVRは基本見ているだけなので

純粋なVRのゲームとしては
この「Rez Infinite」が今のところ最も刺激的に
楽しくバーチャルを体感できるゲームだと思う。

個人的にはVR酔いも全く感じないので
VRを起動したときは必ず1プレイするほど。

ダウンロード専用ソフトだが容量…
ファイルサイズはそれほど大きくないので
スマホテザリングで楽勝なのも嬉しい。



  1. 2018/04/16(月) 00:00:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「PS4pro」購入熱…急激に冷める(苦笑)+「DRIVECLUB VRレビュー」


PSVRで滅茶苦茶ハマっている
「初音ミク -Project DIVA- X HD」
のバーチャルライヴ

最初は立体感すげー!!
と喜んでいたが、何回も見ていると
やはり映像の荒さと残像が気になってくる。

映像の荒さはキャラが近くにいれば気にならないので
位置移動を駆使すればなんとかなるが

キャラが激しく動くPVでは
どうしても残像が気になる。

が!いろいろ調べてみたら
「初音ミク -Project DIVA- X HD」は「PS4pro」に対応していて

「pro」でプレイするとフレームレートが上がり
残像がかなり軽減するらしい。

それを知った瞬間「PS4pro」の購入意欲が爆発!

ちょうど昨日は自分の誕生日という事もあり
自分へのプレゼント…という言い訳もしつつ
早速「PS4pro」を買いにGEOへ。

しかし新品は全て品切れ。
その後複数の店舗を回るも全て売り切れ

あれー?ちょっと前までPS4proなんて
何処でも売ってた気がするんだがな~

買う気になった途端に何処にも無いのは何かの罠か?陰謀か?

しかもイラつくことに
「中古のPS4pro」は沢山売っているのだ。

俺は新品が欲しいんだよ(|| ゜Д゜)
(高額商品なので新品で欲しいのだ)

夜中まで探し回って結局
新品本体は見つけられず。

ただ探していたPSVR専用ソフト
「DRIVECLUB VR」を発見!購入!

都会ではどうかわからないが
田舎だと、VR専用ソフトの数が極端に少ないのである。

「PSVR本体」自体はかなり売っているが
ソフトが無いジレンマ。

「スカイリムVR」もたまたま見つけた1個だけだったし(勿論即買いした)

まぁそんなこんなで「PS4pro」は買えなかったが
とりあえず「DRIVECLUB VR」を買えたから良いか…

と、家に帰り早速プレイ!

★「DRIVECLUB VR」レビュー

とにかく車内視点での「車に乗っている感」は
他のゲームでは味わえないリアリティ!

ただ、車はともかく風景、背景の
グラフィックは相当荒い感じ
イメージはメガCDのナイトストライカー(苦笑)

車の挙動もゲームっぽい。


しかしファミコンの「F1レース」に夢中になってから
幾年月…レースゲームも此処まできたか…という感慨と

それとは別に
ゲームとしてもシミュレーターとしても
あまり面白くない事に複雑な気持ちになりつつ

VRのレース…ドライブゲームとしては
まだまだ実験段階といった印象を受けたのでした。

そしてこの「DRIVECLUB VR」
本当の車に乗った時のように
車酔いのような状況になってしまいグロッキー(´Д`)

要するに「VR酔い」

そしてその酔いと共に
「PS4pro」購入意欲もすっかりなくなってしまったのだった

(とは言え新品で売ってるのを見つけたら買ってしまいそうだけど(^^;)



  1. 2018/04/15(日) 01:26:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ