FC2ブログ

ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「Nintendo Switch」+「アウトラン」購入



何だかんだと「Nintendo Switch」は
中古でも全く値崩れせず、

又、自分も遊びたいゲームは
「ダライアスコズミックコレクション」
と「セガエイジスシリーズ」位だったので
静観していたのだが、

近所のGEOで

「液晶の傷が多くアダプター欠品の
Switch」
が8000円引きの1万円台
で売っていたので
衝動的に購入してしまった。

丁度「ダライアスコズミックコレクション」
の発売が10日後に迫っていたし。

他に
「純正アダプター」
「有線のホリパット」
「3000円のニンテンドープリペイド」
も購入し早速セッティング


…しかし、何となく勢いで「Nintendo Switch」
を購入したのは良いけれど本当に値段分楽しめるかは
全く未知数で不安だった…

まぁとりあえず
「セガエイジスのアウトラン」を購入

以前
「3DS版ではあったムービング筐体モードが無いのが残念」
的な事を言ったが

実際に40インチのモニターで
ワイド画面かつヌルヌルの60フレーム
で遊ぶ「アウトラン」はかなり感動!

ホリパットを使ったプレイ感覚は
ちょっとクセはあるけど慣れれば快適!
(十字キーでのプレイ感覚はサターン版レベル!?)

そして予想外だったのが
「オンラインでタイムアタックランキング」
があるという事!

コースやセッティング毎にそれぞれの
ランキングがあって
全国の猛者どもと家にいながらにして
タイムアタックできるのだ!!

これは…
「ゲームに燃えた血が騒ぐ(|| ゜Д゜)」

と、言うことで黙々とタイムアタックしていたら
5時間ほども経過していた(笑)

ぶっちゃけ「もう元取った(笑)」

「Nintendo Switch版アウトラン」
のレビューは後程

スポンサーサイト
  1. 2019/02/18(月) 21:39:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PS3「ART OF FIGHTING 龍虎の拳 外伝」


PS3のPS2アーカイブス「龍虎の拳〜天・地・人〜」
に収録されている

「龍虎の拳」シリーズの三作目
「ART OF FIGHTING 龍虎の拳 外伝」

2Dの格闘ゲームなのにキャラクターの動きが
モーションキャプチャーで製作されているので
動きがヌルヌルしていてちょっと気持ち悪い(苦笑)

プレイしてみると
ちょっとしたことですぐにダウンしてしまうので
凄くテンポが悪く感じる

リョウとロバート以外全てのキャラが入れ換えになっているが
どのキャラもあまり魅力を感じないのも残念

あくまで「外伝」扱いなのでストーリーも
あっさりしている上
ラスボスにカリスマが感じられないので
クリアしてもあまり満足感を得られないのも少々不満。

と、全体的に不満な点も多いが

「龍虎の拳」
「龍虎の拳2」

の後に、この
「ART OF FIGHTING 龍虎の拳 外伝」
をプレイすることによって
世界観やキャラクターに広がりがでるので
そういう意味では楽しめる作品。

一本勝利で進める設定にも出来るので
サラッと短時間でクリアできるのも◎

しかしこのゲームが不発に終わったので
「龍虎の拳」シリーズも
これが最後になってしまったのは残念

一部のキャラクターはキングオブファイターズに
引き継がれはしたけれど。

やはりナンバリングタイトルの続編が見たかった。
  1. 2019/02/17(日) 23:49:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「星と翼のパラドクス」プレイ動画



↑「星と翼のパラドクス」プレイ動画

客観的にプレイしているところをみると
やっぱりサポートキャラが喋るのが凄く恥ずかしいな
(。´Д⊂)

まぁそれはイイとして、昨日のblogで
「とりあえず、おためしモードだけプレイした…」

と書いたが、調べてみると
ネシカのカードを持ってないと
通常プレイは出来ないと知る。

つーか今時のゲーセンにあるこの手の
ゲームはプレイするためのマトモな説明が
一切なされていないのはどうなの?

プレイ前にネットで調べろ…って事なの?
一見さんお断りなのはなんだかなぁ…

お金いれてスタートボタン押して
気軽にすぐ遊べるのがアーケードゲームの良いところなのに…

なんて考えが既におっさんの思考なのかもしれない。

今度、カード作ってやってみよう(*^^*)



  1. 2019/02/17(日) 01:31:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アーケード体感ゲーム「星と翼のパラドクス」レビュー





仙台駅前アーケード街で
セガのゲーセンに入ってみたら
なんだか凄い体感ゲームを発見!

「星と翼のパラドクス」というゲームで
空を飛び回れるバーチャロン?っぽいロボットアクションゲーム。

1プレイ300円という価格設定が往年の体感ゲーム
「ギャラクシーフォース」を彷彿とさせる。
(でも一見セガのゲームっぽいけど
スクエニのゲームなのね)


とりあえず基礎練習の「おためし」モードは
100円なのでプレイしてみた。
(ちなみにシートベルトをしていないと筐体は動かないので注意)

両手で操作するアナログスティックや
フットパネル、そしてサイドモニター等
ロボットのコクピットに乗り込んでいる感覚を十分に味わえる

そして、筐体の動きや振動は
単純に「スペースハリアー」や
「アフターバーナーII」
「ギャラクシーフォースII」
のデラックス筐体とかと比べても

格段にプレイとシンクロしていて
予想以上にガクガクと動きとかなりイイ感じ!

この辺は流石に時代の進化を感じる。


ただ、操縦自体はけっこう難しく
思い通りに動かすには修練が必要そう。

何だかんだと「おためしモード」だけで
満足してしまったのでそこで止めてしまったが…

あと、当たり前だが
「プレイしてると凄い目立つ」のが
良くも悪くもストレス(´Д`)

ゲーム内でサポートキャラの女の子も
喋りまくるので恥ずかしさも倍増(苦笑)

昔だったら恥ずかしいもクソもなく
平気で「セガ体感ゲーム」をプレイしたものだが
おっさんになるとこの手の派手なゲームは
ちょっと躊躇してしまうよな〜(^^;



  1. 2019/02/15(金) 22:04:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PS3「リッジレーサー7」サニービーチ(リッジレーサーショート)を走りたくて!



xbox360の「リッジレーサー6」を遊んでいたが

やっぱ思い入れのある
「初代リッジレーサー」のコースを走りたいなぁ…

と思ってネットで調べてみたら
PS3の「リッジレーサー7」に
隠しコースとして収録されている事を知る。

「リッジ7」は前に買って持っていたが
ほとんどプレイしていなかったので
コレを気に本格的にプレイ開始!

「リッジレーサーショート(サニービーチ)」のコースを解放するには

RIDGE STATE GRAND PRIX(リッジステイトグランプリ)モードの
第14戦目のラストステージをクリアすると

アーケードモードやタイムアタックで
「リッジレーサーショート(サニービーチ)」を遊べるようになるのだ。

と、言うことで
「リッジステイトグランプリ」をプレイ

基本、ニトロを使った攻略方は
「リッジレーサー6」と同じなのだが

ステージによってはかなり難しく苦戦。
(逆に凄く簡単なステージも多いが)

しかし今回はニンジン(お目当て)が大きかったので
気合いが入って5時間程?でなんとか
「リッジレーサーショート」コースを解放!

このステージをダウンロードコンテンツで購入したBGM「Ridge Racer」
でアーケードモードを走ると
最新技術でリメイクされた
「初代リッジレーサー」を遊んだ気になれて感動(。´Д⊂)

というかやっぱりリッジといえば
このコースとBGMだよな〜

いやぁ…ホント最高♪ヽ(´▽`)/


  1. 2019/02/15(金) 03:43:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ